三原市中心部にあり、交通アクセスや買い物の利便性に恵まれた三原市港町

三原市は広島県南部に位置し、多くの鉄道、道路が集まる交通の要衝として発展した。港町は「三原」駅の西にあり、「三原市役所」を擁する三原市の中心地だ。

古くから地域の中心地として発展、伝統の祭りも豊富

城下町として栄えた歴史を伝える「三原城跡」
城下町として栄えた歴史を伝える「三原城跡」

三原は古くから瀬戸内海の水運の拠点として発展し、戦国時代以降は「三原城」の城下町として栄えた。明治時代以降は海岸沿いを中心に多くの工場が進出し、工業都市として発展している。

三原にはお祭りがいくつもあり、三原城築城の祝の踊りが発祥とされ約7000人もの踊り手が練り歩く一大イベント「三原やっさ祭り」、三原やっさ祭りのフィナーレには夜空いっぱいに広がる光の花が夏の夜を彩る「やっさ花火フェスタ」、約500軒を越える露店商や催し物などが軒を連ねる「三原神明市」、城下町の賑わいを再現する「三原浮城まつり」、市花である“さつき”の花をテーマに開催される「三原さつき祭り」など、楽しい年中行事も多いことも特徴だ。

交通アクセスや買い物の利便性に恵まれた街

JR山陽線、JR呉線、山陽新幹線が乗り入れる「三原」駅
JR山陽線、JR呉線、山陽新幹線が乗り入れる「三原」駅

「三原」駅に近い港町は交通アクセスの利便性が大きな魅力となる。「三原」駅からはJR山陽線、JR呉線のほか山陽新幹線も利用可能。「三原」駅前からは「広島空港」への直通バスもあり、遠方への旅行や出張も便利だ。エリアに隣接する「三原港」からは大久野島、生口島、因島方面に向かうフェリーが発着し、船旅も楽しめる。

「フジグラン三原」など大規模ショッピング施設も近い
「フジグラン三原」など大規模ショッピング施設も近い

港町は買い物の利便性も高い。エリア周辺には「イオン 三原店」や「フジグラン三原」など大規模ショッピング施設が充実。ホームセンター「ユーホー 三原城町店」や家電量販店「ヤマダ電機 テックランド三原店」など専門店も多く、多彩な買い物を身近で楽しめる。

子育て・教育施設が徒歩圏内に集まる

「三原市立南小学校」も近い
「三原市立南小学校」も近い

港町は「みどり幼稚園」や「さんさんみなと保育園」など幼稚園、保育施設が集まり、子育てファミリーが暮らしやすい環境が整う。通学区の「三原市立南小学校」や「三原市立第三中学校」などの小・中学校も短時間で通いやすい場所にある。「広島大学附属三原小・中学校」といった人気の教育施設が近いことも魅力だ。

多彩な公演が開かれる「三原市芸術文化センターポポロ」
多彩な公演が開かれる「三原市芸術文化センターポポロ」

コンサートなどの公演に使われている「三原市芸術文化センターポポロ」や、子ども向けのスポーツ教室なども開かれている「三原リージョンプラザ」も身近で、子どもに多彩な経験をさせられる。

休日のレジャースポットが充実

宮浦公園
宮浦公園

港町周辺には梅林、じょうぶ園、日本庭園がある「宮浦公園」など緑に親しめるスポットも多い。「やまみ三原運動公園」にはスポーツ施設が多く、気軽にスポーツを楽しめる。少し足を延ばせば”うさぎの島”として有名な大久野島など瀬戸内海の島々もあり、休日の目的地は豊富だ。

「駅前東館跡地活用事業」でさらに便利に

三原市では、三原駅前東館跡地活用事業を検討してきたが、民間施設と公共施設を一体的に整備することを決めた。公共施設は「三原市中央図書館」を移転し「(仮称)駅前中央図書館」を設けるほか、民間施設としてホテルやショッピング施設、駐車場も誕生することになっている。2020年7月予定のオープン後は、港町の暮らしの利便性向上が期待される。

「三原」駅前という利便性に恵まれ、今後のさらなる発展も期待されている三原市港町。ここでは快適な暮らしを満喫できるだろう。

あわせて読みたい。関連ページ