動物が目の前に、迫力観察の動物園

広島市安佐動物公園

西日本では屈指のエリア面積をもつ「広島市安佐動物公園」。1971(昭和46)年に開園してから50年近くの運営期間を経て、動物の展示スタイルのリニューアルが続けられ現在でも見ごたえはばっちり。

安佐動物公園
安佐動物公園

キリンの顔と同じ高さから観察できるキリンテラスや、チーターやライオンをガラス一枚隔てて間近に観察できるガラスビューなど、動物たちと距離感の近い観察ポイントが多いほか、サバンナテラスではグラントシマウマが十数頭の群れで観察できる。繁殖にも積極的でクロサイ・オオサンショウウオ・グラントシマウマの繁殖には評価も高い。

キリンの顔が目の前に!
キリンの顔が目の前に!

ポニー・ヤギ・ヒツジなどの動物たちと触れ合うことのできる「ぴーちくパーク」は小さな子どもからの人気と憧れの高いポイントとなっている。アフリカスイギュウ・マルミミゾウ・ユーラシアカワウソ・シフゾウなど「安佐動物公園」の他には日本で数カ所、世界で数カ所という希少な動物が多いのも特徴。シフゾウは野生では絶滅した種であったが、ヨーロッパの動物園で飼われていたことが判明し中国で再導入(繁殖させて再び自然に戻す)させた希少な動物。

近年DNA鑑定でマルミミゾウと判明したメイ
近年DNA鑑定でマルミミゾウと判明したメイ

園内の経路には休憩のできるベンチがたくさん設置され、高低差の起伏のある園内構造を活かして落差のあるビューポイントを設置し、動物たちを見下ろしての休憩やお弁当の時間を楽しむこともできる。再整備計画がスタートしたばかりで、さらに新しい魅力で来園者を驚かしてくれることが期待される。

ガラス一枚隔てて間近に観察できるガラスビュー
ガラス一枚隔てて間近に観察できるガラスビュー

広島市安佐動物公園
所在地:広島県広島市安佐北区安佐町動物園 
電話番号:082-838-1111
開園時間:9:00~16:30(入園は~16:00)
休園日:木曜日(祝日の場合は開園)、年末
入園料:大人510円、小人・65歳以上の大人170円(小・中学生・乳幼児は無料、65歳以上の料金の適用には、公的証明書が必要)
http://www.asazoo.jp/

詳細地図